ナイトブラ 昼間

「ナイトブラ」とは、その名の通り寝る時につけるブラジャーなのですが、寝るときしかつけてはいけないのでしょうか?
朝起きて、できればそのままつけていられた方が面倒もなくて良いですよね。
夜つけるブラジャーということは名前だけでも分かりますが、具体的に一般的なブラジャーと何が違うのでしょう?
ナイトブラを昼間につけるとどうなるでしょうか?

ナイトブラってどういうもの?

ナイトブラ 昼間

「夜つけるブラ」というよりは「寝る時につけるブラ」の方が意味合いとしては正しいです。
「寝るとき専用」なので、素材・構造共に一般的なブラとは異なります。

昼間の一般的なブラ

胸を下から支えて形よく見せてくれるのが一般的なブラジャーです。
洋服を着た時のシルエットは大切ですし、デザインやカラーに素材など選択肢は様々で、
女性にとってランジェリーは選ぶ段階からワクワクしますよね。

昼間動いているときは重力がかかりますから、しっかりとしたホールド力が求められます。
それによりバストの負担を減らし形が崩れないようにしてくれているんです。

走ったりするときには、ホールド力の弱いブラだとバストが揺れてしまいますから、
バストが大きい人は特にしっかり支えてくれるブラじゃないと大変なんじゃないでしょうか。

ゆゆゆゆ

私は胸が大きくないせいか、冬になるとたまにブラを忘れて買い物に出てしまうことがあるんです。(ダウン着てると分からないので)
小走りなんかした時は、小さい胸でもかなり揺れるので「忘れた!!」と気付くんですが、普段ブラをしている時にどれだけ支えられているかが分かりますよ。ブラジャーにお礼を言いたいくらいです。

ナイトブラの役割

それは、寝ているときのバストの流れをホールドすることです。
程よいホールド力ですので、睡眠を邪魔することはありません。
バストを包み込んで、形が崩れることから守ってくれるのです。

ノーブラで仰向けに寝ると、バストは左右へ流れてしまいますよね。
寝ている間ずっとバストがこの様な状態になっていると考えたら、少し怖くありませんか?
バストは脂肪ですから、寝ている間もホールドしておけば形が崩れにくくなります。
毎日続けることが大切ですよ。

ナイトブラの構造について

ナイトブラ 昼間

昼間のブラは、人間が立っている状態につけることを前提として考え作られています。
ですから、寝る時につけても締め付けが苦しくなるだけで、バストにとっても良いことはありません。

反対に、ナイトブラは寝ている状態で付けることが前提になっています。
人間が寝ているときのバストの状態や体のラインに合うような設計で、バストが流れないように程よいホールド力を備えています。
ですから、昼間の立った状態でナイトブラをつけても、重力に対してのホールド力は足りず、必要な役割を果たすことは出来ないんです。

ナイトブラを昼間つけるとバストが垂れる?!

ナイトブラ 昼間

先ほど、ナイトブラは立った状態だとホールド力が足りないと説明しましたよね?
まずは重力です。起きているとき、立っていても座っていても重力でバストは下へ下がります。
昼用のブラは、パットが厚くワイヤーが入っているものが主流ですから、バストが垂れないようにがっちりと支えてくれているわけです。
それに、脂肪でできているバストは肉が流れやすいです。
だから寝ているときのためにナイトブラが効果的なのです。

昼間にもナイトブラをつけていればバストは下へ横へと流れたい放題!
続ければバストが垂れる可能性は大きいです。

昼間は昼間の動きに適した、重力からバストを守ってくれるブラをつけるようにしましょう。

まとめ

ナイトブラ 昼間

昼間にナイトブラを使うのは、良くないということがお分かりいただけたでしょうか?
ブラジャーだからとひとくくりにせずに、目的を理解した上でつけるようにしましょう。

ナイトブラの様なタイプを昼間もつけたいのでしたら、
ワイヤーの無いものや伸縮性のあるブラを選んでみましょう。
昼夜問わず着ることができますよ。