産後ナイトブラ いつから

妊娠・出産、そして産後の授乳と立て続けに忙しい日常。

とはいえ、愛する我が子が自分の乳首を一所懸命吸う姿は
愛らしく、何とも言えない至福の時ですよね。

さて、授乳期が終わってしまったバストはというと、
なんだか妊娠まえとはかなり変わってしまったような・・

そんなバストにナイトブラが効果的なようですよ!

産後のバスト、どうなってるの?

産後ナイトブラ いつから

個人差はありますが、一般的に妊娠するといきなりバストが大きくなります。
その原因は、女性ホルモンが働いて乳腺が発達するから。

産後はピークに達し、授乳が始まるとパンパンに張ってきます。
卒乳までの間、乳腺は活動しながらも乳腺脂肪は少しずつ減っていくんです。
それに伴い、バストも少しずつサイズダウンしていきます。

そして卒乳後、あれだけふくよかだったバストが妊娠前よりも小さくなったり、
更にはハリが失われたり、これはいったいどういうことなのでしょう。

皮膚が伸びる

産後のピーク時には、女性ホルモンが通常の数十倍も分泌されていると言います。
どんどんバストが大きくなるため、皮膚も急激に伸びることになります。

授乳が終わって元の大きさに戻っても、胸の脂肪の減りと伴わないのが伸びきってしまった皮膚です。
皮膚はそのままの状態のため、下に伸びたような垂れたバストになってしまうのです。

クーパー靭帯

バストを支えるために大切なクーパー靭帯が伸びきってしまうことも原因です。
クーパー靭帯は元には戻りませんので、急激に大きくなったバストの重みで伸びきってしまうとバストは垂れてしまいます。

授乳がバストに与える影響

母乳を飲むときの赤ちゃんの吸い付きは痛みを感じるほど。それだけ強い力で下向きに引っ張られていれば、バスト全体がその方向に垂れてしまうのは無理のない事です。

産後のバストケアが大切

産後ナイトブラ いつから

産後から卒乳までの間、ついつい楽な格好でブラについても気にしていない人もいるかもしれません。
でも、バストが垂れるのを少しでも防ぐためには、この時期のケアはとても大切なんです。

ストレッチを行ったり食事を気を付けると共に、
ナイトブラも見直してみましょう。

【簡単な大胸筋を鍛えるストレッチ】
・背筋を伸ばした状態で、手のひらを胸の前で合わせます。
・息をゆっくりと吐きながら、中心に向かって左右均等の力で押し合いましょう。(15秒程度)
・ひじの角度は90度くらいに保つと良いですね。
※産後や授乳中は運動も制限されていますので無理は禁物です。できる時だけやってみてください。

いつからナイトブラを活用するか

産後ナイトブラ いつから

授乳中はすぐにおっぱいが張ってきて、できるだけ楽な格好を好まれると思います。
ですが、ダラーンとさせてしまうと、バストはどんどん垂れていきます。

先に説明した様に、産後の大きく重たいバストをそのままにしておけば、
クーパー靭帯が伸びきってしまい、卒乳後のバストはハリのない状態に。

そうならないためには、きちんとバストを支えておくことが大切です。

締め付けるのではなく、あちこちにバストの肉が流れないようにホールドするわけです。
ナイトブラなら締め付け感はなく、バストをブラに収めて形を整えてくれます。ただし、ナイトブラは『寝るとき専用』です。

昼間のバストに適応した作りにはなっていませんので、必ず夜だけの着用にしてくださいね。

産後でも昼間は昼用のブラを

産後は通常のブラですと締め付けが強すぎるので、着用はやめた方が良いです。

皆さん産後用のブラを用意して出産に臨むとは思いますが、
産後は更にブラのサイズが変わる可能性があります。
きちんと採寸して、乳腺に悪影響を与えないようなブラを着けましょう。

まとめ

産後ナイトブラ いつから

ナイトブラは産後のママのバストにも大変効果の高いブラです。
面倒だと思わずに、毎日ナイトブラでバストを整えていきましょう。

やることが多くて、なかなか自分に時間がかけられないのもよく分かりますが、
半年後、一年後、卒乳した後のバストに差が出ますよ!

しぼんだように垂れ下がったバストにならないために、
是非ナイトブラの活用を検討してみてくださいね。